文字の大きさ
文字サイズ普通 文字サイズ中 文字サイズ大
サイト内検索

遺骨収集参加者募集

2017年05月15日

お知らせ, 事業の取組み, 事業の取組み, 遺骨収集帰還事業, 遺骨帰還事業の取組み

  • 日本遺族会では、平成29年度戦没者遺骨収集帰還事業への参加希望者の事前登録を行っている。昨年8月に厚生労働省の指定法人として認可された日本戦没者遺骨収集推進協会(推進協会)が実施する事業のすべての戦域に対し本会へ派遣協力を依頼される予定で、戦没者の遺児をはじめ青年部(孫、曾孫等)の方にも広く登録願いたい。

遺骨収集派遣実施予定表はこちら

申込登録要項は次のとおり

(続きを読む..)

戦没者遺骨収集帰還 硫黄島から17柱奉還

2017年03月21日

お知らせ, 事業の取組み, 活動状況, 活動状況, 遺骨帰還事業の取組み

日本戦没者遺骨収集推進協会主催の硫黄島戦没者遺骨収集派遣(第4回収容)に、1月17日から2月2日の期間で本会から七人を派遣し、硫黄島の壕等で収容作業に従事し、これまでに現地で収容、仮安置されていた遺骨も含めて17柱を内地へと奉還した。また。これに先駆けて地下壕等を調査する掘削調査立会の派遣も実施された。

硫黄島写真

遺骨を奉持し引渡式へと向かう団員=2月2日、千鳥ヶ淵戦没者墓苑で

(続きを読む..)

派遣者枠の拡大を要望 遺骨帰還事業

2012年11月15日

事業の取組み, 遺骨帰還事業の取組み

日本遺族会では、政府の行う戦没者遺骨帰還団に昭和四十六年より、フィリピン、ミャンマー(ビルマ)、東・西ニューギニア、ビスマーク・ソロモン諸島、サイパン島、テニアン島、パラオ、硫黄島等の旧戦域をはじめ、旧ソ連地域、モンゴルに戦没者遺児を中心に派遣、協力しています。

(続きを読む..)

遺骨帰還事業の取組み

2012年09月12日

事業の取組み, 遺骨帰還事業の取組み

遺骨帰還事業の取組み

日本遺族会では、政府の行う戦没者遺骨帰還事業に昭和46年より、フィリピン、ミャンマー(ビルマ)、東・西ニューギニア、ソロモン諸島、ビスマーク諸島、サイパン島、テニアン島、パラオ、硫黄島等の旧戦域をはじめ、平成3年からは旧ソ連地域にも戦没者遺族による参加者を派遣、協力しています。

また、戦後60年以上が経過し、遺骨情報が減少してきているなどの事情から、遺骨帰還が困難な状況になりつつある状況を踏まえ、南方地域からの今後の遺骨帰還の促進を図ることを目的に、平成18年度から厚生労働省の委託を受け、フィリピン(受託18・19・.20)、東部ニューギニア(受託18・19・20・21・22・23・24)ビスマーク・ソロモン諸島(受託19・20・21・22・23・24)において未帰還遺骨の集中的な情報収集を実施し、未だ海外等に眠るご遺骨の早期帰還に貢献しています。

ページの先頭へ戻る