文字の大きさ
文字サイズ普通 文字サイズ中 文字サイズ大
サイト内検索

平成29年度慰霊友好親善事業の概要

2017年03月21日

お知らせ, 会員のページ, 慰霊友好親善事業, 遺児巡拝 参加者募集

募集要項は次のとおり

時期及び地域 

(広域地域)

旧満州、旧ソ連、西部ニューギニア、モンゴル、トラック・パラオ諸島、東部ニューギニア(一次)、マリアナ諸島、北ボルネオ・マレー半島、フィリピン(一次)、ソロモン諸島、ミャンマー(一次)、台湾・バシー海峡、東部ニューギニア(二次)、ミャンマー(二次)、フィリピン(二次)、中国

(特定地域)

西部ニューギニア、ビスマーク諸島、マーシャル・ギルバート諸島

 なお、日程については、現在調整中ですので、決まり遺族通信及びHPに掲載いたします。

▼参加費 10万円

▼参加資格 戦没者の遺児。※平成28年度参加者を除き、複数回の応募が出来る。

▼その他 集合場所は、東京等に集合し、結団式及び渡航に係る説明会を行う。なお、集合場所まで及び解散場所からの交通機関はご自身の手配となる。また、移動に係る国内交通費及び帰国時の宿泊代、渡航手続手数料等は個人負担となる。

▼申込方法 在住する各都道府県遺族会事務局へ。

参加者の資格審査に当たり、申込書の記入項目の全てに記入を要するので、事前に申込用紙を取り寄せていただき、記入項目に不明な点(戦没者の部隊名等)があれば各遺族会に相談し条件を満たしたうえで提出願いたい。なお、申込多数の場合は選考となる。また、巡拝地域や実施時期等は、相手国や交通機関等の事情で変更、延期または中止となる場合があるので、予めご了承願いたい。

 なお、同事業は、厚生労働省の一般公募入札にて補助金交付団体が決まるので、実施については、交付団体に指定された場合に限ります。

第56回沖縄平和祈願慰霊大行進 参加者募集

2017年03月21日

お知らせ

日本遺族会では、6月23日に沖縄県遺族連合会と共催で「第56回沖縄平和祈願慰霊大行進」を実施する。この事業は、先の大戦で、一般住民を含む多くの尊い命が失われた沖縄戦を振り返り、砲弾降りしきる中、苦難の撤退を余儀なくされた戦没者が辿った道程を行進し、平和を祈願するものである。

全戦域の戦没者遺族が参加可能であり、家族での参加も歓迎する。特に孫・ひ孫等の若い世代が多く参加され、戦争の悲惨さ、平和の尊さを学び、語り継ぐ機会としてもらいたい。

参加募集要項は以下のとおり。

募集要項

▼期間 6月22日(木)~24日(土)2泊3日

▼費用 約3万円程度

※費用には宿泊代、食事代、バス借上げ代、添乗員費用、懇親会費用等が含まれる。

 ※参加人数により費用は異なります。また、自宅から沖縄の往復交通費、那覇空港から集合場所となる那覇市内のホテルまでの往復交通費は個人負担となりますので、各自お手配ください。

 ▼宿泊 那覇市内のホテル

 ▼申込先 在住する各都道府県遺族会事務局へ

 ▼申込締切 5月12日(金)

なお、行進する道程は、糸満から摩文仁までの約八・五キロとなります。

岩手県で日章旗等返還 OBONソサエティ

2017年03月21日

お知らせ, 会員のページ

日本遺族会は、戦没者の遺品の返還活動を続ける米国のNPO団体「OBONソサエティ」に協力しており、今回本会から族連合会へ捜索を依頼していた近藤戸司氏と菊池留五郎氏の遺族が判明し、それぞれ遺品が返還された。

 

(続きを読む..)

海外未送還遺骨情報収集事業 ニューアイルランド州で調査

2017年03月21日

お知らせ, 活動情報, 海外未送還遺骨情報収集事業

日本遺族会は、厚生労働省の委託事業である海外未送還遺骨情報収集事業のビスマーク・ソロモン諸島地域で、平成28年度第4次調査団2人をパプアニューギニアのニューアイルランド州へ派遣し、2月4日から18日の期間、残存遺骨に関する調査を実施した。

(続きを読む..)

戦没者遺骨収集 東部ニューギニアから112柱奉還

2017年03月21日

お知らせ, 活動状況, 遺骨帰還事業の取組み

日本戦没者遺骨収集推進協会主催の東部ニューギニア戦没者遺骨収集帰還派遣に本会から4人を派遣し、パプアニューギニアの各地で遺骨の収容作業にあたり、112柱を日本へ送還した。この派遣は、本会が厚生労働省から委託され実施した海外未送還遺骨情報収集事業のオロ州、モロベ州、東セピック州での調査結果に基づくものである。

2.19焼骨ウエワク1

焼骨式で遺骨を荼毘に付す団員=2月19日、ウエワクで

(続きを読む..)

ページの先頭へ戻る