文字の大きさ
文字サイズ普通 文字サイズ中 文字サイズ大
サイト内検索
組織のPR

全国戦没者慰霊祭を挙行 終戦75年の節目の年に 

2020年12月16日

お知らせ, 事業の取組み, 会員のページ

11月16日、本会は水落敏栄会長以下副会長、専務理事、常務理事、監事が全国の戦没者遺族を代表して靖国神社に参集し「終戦七十五年全国戦没者慰霊祭」を挙行した。先の大戦で戦没された246万余柱のご英霊に尊崇の誠を捧げ、世界の恒久平和を構築するため、一層精進して行くことを誓った。

先の大戦が終結して75年となる今年、全国の戦没者遺族の代表者に参集願い「終戦七十五年全国戦没者慰霊祭」を執り行うことで準備を進めていた。しかし、新型コロナウイルス感染症の収束の目途が立たないことからやむなく、本会の正副会長らが全国の戦没者遺族を代表して慰霊祭を執り行うこととした。

午前11時、マスクを着用した正副会長他役員らは、靖国神社拝殿の耐震工事により中庭に架設されたテント内に着席し、慰霊祭が開始された。はじめに国歌君が代が流れる中、飛沫防止のため心の中で斉唱。神官による修祓のお祓いを受けたのち、御本殿に昇殿した。献饌の儀の後、斎主が厳かに祝詞を奏上した。

DSC_3221

 

DSC_3227

 

次に水落会長が祭文を奏上、ご英霊に対し「戦争を知らない世代が社会の大半を占める今日、戦争の風化する一方、世界では紛争が絶えず、悲劇が繰り返されている。戦争の悲惨さ、平和の尊さを後世に語り継ぐという遺族会に課せられた社会的責務を果たすため、戦没者の孫、ひ孫等でつくる『青年部』を平成二十九年三月に結成し、活動を重ねている。現在、新型コロナウイルスが猛威を振るい未曽有の危機に直面している。遺族会活動も思うに任せない日々ですが、恒久平和への歩みを止めることのないよう、出来ることを重ね、粘り強く活動してまいります」と決意を述べた。「祭文」はこちら

昇殿参拝

その後、水落会長が戦没者遺族を代表して玉串を奉奠し、会長に合わせ英霊に冥福を祈り、黙祷を捧げ慰霊祭は無事終了した。

 

ミャンマー建設小学校修繕募金のお願い

2020年06月12日

お知らせ, 会員のページ, 活動情報, 組織のPR

日本遺族会では、令和二年度事業計画で社会奉仕活動の推進として、本会が平成11年度から3年間でミャンマー(旧ビルマ)に建設贈呈した3校の小学校の修繕費用について寄附金を募ることとなりました。

本会は平成11年度に、先の大戦で18万の将兵が散華されたミャンマー(旧ビルマ)の子供たちのために小学校を建設するための基金を創設し、同年度から建設、ヤンゴン市内の北オカラッパ小学校、アキャブ市内のバンドータズー小学校、ペグー市内のカドウインチャン小学校が計画通り建設され、竣工記念式を経てそれぞれ贈呈しました。

本会では戦跡慰霊巡拝や慰霊友好親善事業(遺児巡拝)の際にはその都度小学校を訪問して学用品や衣料等を寄贈してきましたが、建設から二十数年が経過し校舎等も老朽化が進んでいることから関係ご遺族をはじめ広くご遺族の皆様から寄附を募り、修繕費用に充てたいと考えております。

ついては、「ミャンマー小学校修繕募金」として次の通り、口座を開設いたしましたので、ご賛同の方はお振込みをお願いいたします。

・口座番号 三井住友銀行神田支店 当座預金 1015126

・口座名 一般財団法人日本遺族会=ザイ)ニホンイゾクカイ

・募金単位=一口3千円~

 

青年部主催フィリピン戦跡慰霊巡拝を実施 46人の孫、ひ孫、甥、姪等が慰霊祭を経験

2020年03月02日

会員のページ, 活動状況, 組織のPR, 青年部の活動

日本遺族会青年部は、遺族会の後継者育成を目的とし、青年部が主体となって企画したフィリピン戦跡慰霊巡拝を実施した。全国から参加した孫、ひ孫、甥、姪等46人の団員は、亡き戦没者の足跡を辿り、各地での慰霊祭を経験することにより、戦争の悲惨さ、平和の尊さを語り継ぐ思いを新たにし、青年部として初めての記念すべき慰霊事業となった。

水落敏栄本会会長を総括団長とする日本遺族会青年部フィリピン戦跡慰霊巡拝団は、1月9日、靖国神社に集合し結団式を行い、靖国神社に昇殿参拝した後、A班は成田空港からB班は羽田空港からマニラに入った。

翌朝、A班、B班そろってマニラ市内のリサール公園を訪れ、水落総括団長、畔上和男(本会専務理事)B班団長、北浦基弘(本会青年部幹事)A班副団長、辻正人(本会青年部長)B班副団長が揃って衛兵の誘導でリール記念碑に代表献花し、団員全員が拝礼した。

リサール公園で記念碑に献花

リサール公園で記念碑に献花

 

その後、各班に分かれ、A班はルソン島のリサール公園内日本庭園、東方山地ボソボソ、イポダム、クラーク飛行場跡で、B班はレイテ島のタクロバン、パロ、リモン峠、カンギポット山、ビリヤバで慰霊祭を執り行った。戦没者が辿った激戦の地を目の当たりにし、その苦闘を肌で感じた団員は、慰霊祭で涙ながらに亡き肉親に対して追悼文を読み上げ、英霊の冥福を祈った。

ルソン島イポダムを望んでの慰霊祭

ルソン島イポダムを望んでの慰霊祭

レイテ島タクロバンの慰霊碑前での慰霊祭

レイテ島タクロバンの慰霊碑前での慰霊祭

12日、巡拝団は、日本政府が建立したカリラヤの「比島戦没者の碑」にて、在フィリピン日本大使館桑原敦公使、岡田岳大一等書記官参列の下、全戦没者追悼式を挙行した。水落総括団長、桑原公使、辻副団長がそれぞれ追悼の辞を述べ、団員全員が祭壇に献花し、英霊に哀悼の誠を捧げた。

青年部を代表して追悼の辞を読み上げる辻副団長

青年部を代表して追悼の辞を読み上げる辻副団長

 

全戦没者追悼式で献花する水落総括団長

全戦没者追悼式で献花する水落総括団長

同夜、桑原公使、岡田一等書記官を招いての懇談会を開催した。懇談会は工藤みや子(青森県遺族連合会青年部長)B班団員の司会進行で始まり、巡拝団を代表して辻B班副団長が挨拶し、北浦A班副団長が乾杯の発生をした。今回の戦跡慰霊巡拝を通してお互い兄弟姉妹のように打ち解けた団員は、旅の思い出を語り合い、今後の青年部のあり方等を意見交換するなどして、有意義な懇談会となった。

在フィリピン日本国大使館から来賓を招いての懇談会

在フィリピン日本国大使館から来賓を招いての懇談会

この日、バタンガス州のタール火山が約四十五年振りに噴火したことにより、巡拝団のフライトが遅延、欠航する事態に見舞われたが、日本大使館、旅行社添乗員の尽力により、B班は十三日の夕刻に、A班は十四日の早朝に全員無事帰国した。

第75回全国戦没者遺族大会を開催 令和2年度政府予算要望事項実現に向けて

2020年02月28日

会員のページ, 組織のPR

日本遺族会は、12月9日、東京千代田区の自由民主会館にて、第75回全国戦没者遺族大会を開催し、令和2年度政府予算に本会の要望事項が完全実現するよう決議した。大会終了後、関係大臣、自民党所属国会議員らに陳情運動を行い、本会の要望事項は政府予算に概ね盛り込まれた。

大会は午前10時、盛川英治事務局長の司会で始まり、宇田川剱雄副会長が開会を宣言し、国歌斉唱、戦没者に黙とうをささげた。

初めに水落敏栄会長が「令和の御代も平和な時代にする決意と、英霊顕彰、処遇改善、遺骨収集事業等問題解決のため、青年部とともに粘り強く活動してまいります。」と挨拶した。

全国戦没者遺族大会で挨拶する水落会長=自由民主会館で

全国戦没者遺族大会で挨拶する水落会長=自由民主会館で

 

続いて、高市早苗総務大臣、加藤勝信厚生労働大臣、衛藤晟一一億総活躍・沖縄北方担当大臣、自民党の鈴木俊一総務会長ら来賓が挨拶に立ち、遺族会の要望事項の実現に向け努力することを表明した。

大会は、市來健之助副会長が議長を務め、辻正人青年部長が「現状の遺族会活動に極力参加しそれを知り、恒久平和を自覚すること、我々の声を届けるためにも、そのポジションを維持していかなければならない。戦争を全く知らない我々だからこそ何を求めるかが重要であると考える」と意見発表した。山下裕子常務理事は「組織の総力を結集して、要望貫徹に邁進する」と宣言し、須賀宏江常務理事(女性部長)が八つの決議案を大会出席者に諮り、宣言、決議の両案は承認された。

会場には、多数の自民党所属国会議員が駆け付け、要望実現に向けて熱気あふれる大会となった。

大会終了後、各都道府県遺族代表は、地元選出の自民党所属国会議員に粘り強く陳情し、運動を展開した結果、令和二年度政府予算における戦没者遺族の処遇改善は、公務扶助料・遺族年金等は据え置きとなり、遺骨収集事業、戦没者遺児による慰霊友好親善事業、昭和館の運営に係る経費など概ね本会の要望通り計上された。

青森県で事務局長・事務局職員研修会を開催

2019年10月30日

会員のページ, 活動状況, 組織のPR

青森県遺族連合会が主体となり、全国の事務局長・事務局職員、本会から畔上和男専務理事ら43人が参加して、令和元年度事務局長・職員研修会が、青森市の「ホテル青森」で9月26、26日の両日開催された。

開会式では、はじめに、畔上専務理事が水落敏栄会長に代わり挨拶に立ち「令和に入っての初めての研修会となりますが、今回は28都道府県の方々にご参加いただき感謝いたします。それぞれの支部のおいても、実務、運営等まさに事務局の皆様が要であります。しっかりと種々、情報共有しながら各支部の遺族会の発展と、日本遺族会の今後の事業等々にご理解、そしてご尽力賜れば幸いに存じます」と述べた。続いて、山田周二(宮城県)事務局長協議会幹事長が挨拶。また、齋藤文昭(青森県)理事長が挨拶した。

研修会は山田幹事長が座長となり進められ、英霊顕彰運動、処遇改善運動、今後の遺族会を考える特別委員会アンケート結果等が議題としてあがり、特に青年部の活動や遺骨収集の今後について多くの質問があり、意見が交わされた。最後に、遺族会の運営等、より一層難しい状況が予測されることから、引き続き本部・支部が連携強化を図り、懸案事項解決に取り組んでいくことを再確認し研修会は終了した。

夕刻から開催した懇親会には、東京から水落会長が駆け付けた。参加者はそれぞれの支部が抱える問題等について意見を交換し親睦を深めた。

ページの先頭へ戻る