文字の大きさ
文字サイズ普通 文字サイズ中 文字サイズ大
サイト内検索

令和2年度厚生労働大臣表彰 援護事業功労者107人が受賞

2020年12月23日

お知らせ, 会員のページ

 令和2年度の援護事業功労者に対する厚生労働大臣表彰の被表彰者が発表され、多年にわたり戦没者遺族、戦傷病者、引揚者等の援護事業に携わった援護事業功労者、百七人が受賞。このうち日本遺族会関係者百四人が栄ある受賞に輝いた。今年度は現下の新型コロナウイルスの感染状況に鑑み、表彰式は開催しないこととなった。

大臣表彰は、昭和四十年五月に第一回目の援護事業功労者に賞状伝達式が行われ現在に至っているが、今年度は、現下の新型コロナウイルスの感染状況に鑑み表彰式は開催せず、田村憲久厚生労働大臣のあいさつ並びに日本遺族会水落敏栄会長の祝辞が添えられ、表彰状と記念品が被表彰者百七人に届けられた。

田村厚労大臣祝辞はこちら 水落会長祝辞はこちら

表彰された本会関係の四十一支部百四人の方々は次の通り。

(続きを読む..)

全国戦没者慰霊祭を挙行 終戦75年の節目の年に 

2020年12月16日

お知らせ, 事業の取組み, 会員のページ

11月16日、本会は水落敏栄会長以下副会長、専務理事、常務理事、監事が全国の戦没者遺族を代表して靖国神社に参集し「終戦七十五年全国戦没者慰霊祭」を挙行した。先の大戦で戦没された246万余柱のご英霊に尊崇の誠を捧げ、世界の恒久平和を構築するため、一層精進して行くことを誓った。

先の大戦が終結して75年となる今年、全国の戦没者遺族の代表者に参集願い「終戦七十五年全国戦没者慰霊祭」を執り行うことで準備を進めていた。しかし、新型コロナウイルス感染症の収束の目途が立たないことからやむなく、本会の正副会長らが全国の戦没者遺族を代表して慰霊祭を執り行うこととした。

午前11時、マスクを着用した正副会長他役員らは、靖国神社拝殿の耐震工事により中庭に架設されたテント内に着席し、慰霊祭が開始された。はじめに国歌君が代が流れる中、飛沫防止のため心の中で斉唱。神官による修祓のお祓いを受けたのち、御本殿に昇殿した。献饌の儀の後、斎主が厳かに祝詞を奏上した。

DSC_3221

 

DSC_3227

 

次に水落会長が祭文を奏上、ご英霊に対し「戦争を知らない世代が社会の大半を占める今日、戦争の風化する一方、世界では紛争が絶えず、悲劇が繰り返されている。戦争の悲惨さ、平和の尊さを後世に語り継ぐという遺族会に課せられた社会的責務を果たすため、戦没者の孫、ひ孫等でつくる『青年部』を平成二十九年三月に結成し、活動を重ねている。現在、新型コロナウイルスが猛威を振るい未曽有の危機に直面している。遺族会活動も思うに任せない日々ですが、恒久平和への歩みを止めることのないよう、出来ることを重ね、粘り強く活動してまいります」と決意を述べた。「祭文」はこちら

昇殿参拝

その後、水落会長が戦没者遺族を代表して玉串を奉奠し、会長に合わせ英霊に冥福を祈り、黙祷を捧げ慰霊祭は無事終了した。

 

日米合同硫黄島戦没者追悼式を挙行 水落敏栄本会会長が献花

2020年11月25日

お知らせ, 会員のページ, 遺骨収集帰還事業

先の大戦の激戦地、硫黄島(東京都小笠原村)で10月24日、硫黄島の戦没者を慰霊し、日米の友好と恒久平和を祈念する、日米硫黄島戦没者合同慰霊追悼顕彰式が執り行われた。

式典では、旧日本軍を指揮した栗林忠道中将の孫で新藤義孝元総務相が「全員のご遺骨が故郷にお帰りいただけるよう活動を続けていく」と述べた。米側は「互いに尊重することで命を落とし、傷を負った人々に敬意を表す」と退役軍人代表ノーマン・スミス元海兵隊中将の手紙が読み上げられた。

本会からは、国会議員でつくる硫黄島問題懇話会相談役の水落敏栄本会会長が参列し、献花・献水を行い戦没者に鎮魂の祈りを捧げた。

献花

IMG_3791

また、日米合同の顕彰式に引き続き、日本側参列者は日本国政府が建立した天山の硫黄島戦没者の碑に場所を移し、日本側による硫黄島戦没者慰霊追悼顕彰式を執り行い、ご英霊に感謝の誠を捧げご冥福を祈った。

「みんなで靖国神社に参拝する国会議員の会」 尾辻会長、水落事務局長が代表参拝

2020年11月25日

会員のページ

超党派の国会議員でつくる「みんなで靖国神社に参拝する国会議員の会」(会長・尾辻秀久本会名誉顧問)は10月19日、新型コロナウイルス感染防止のため、4月の春季例大祭と8月の終戦記念日に続いて集団参拝を見送り、尾辻会長(参議院議員)と水落事務局長(本会会長・参議院議員)が代表して靖国神社に昇殿参拝した。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

尾辻氏は参拝後、記者団に「一緒にお参りできなかったのは残念だ」と述べた。

参拝後、記者団の質問い答える尾辻名誉顧問

参拝後、記者団の質問い答える尾辻名誉顧問

 

 

 

徳島県遺族会奉納「出征見送る家族の像」 靖国神社で除幕式

2020年11月25日

会員のページ

戦後75年の節目に平和への願いを広げようと、徳島県遺族会が靖国神社に奉納した「出征を見送る家族の像」の除幕清祓式が10月16日執り行われた。

日本遺族会を代表して宇田川剱雄副会長が出席し、飯泉嘉門全国知事会会長・徳島県知事ら約五十人が参列する中、同神社外苑の「慰霊の庭」に建立された像が除幕された。増矢稔徳島県遺族会会長は「像を見た人に残された家族の情が伝わり、戦争と平和を考えるきっかけになれば」と挨拶した。

DSC_3253

除幕式使用写真

DSC_3265

この像は、鎌田邦宏彫 刻家の制作で、徳島県遺族会が平成二十九年に同県護国神社に建立したのと同型のブロンズ製、出 征する兵士の両親、乳児を抱いた妻、子が、帰還 を願い、見送る様子を表現している。高さ1・2㍍の台座の上に1・1㍍~1・8㍍の4体を載せ、亡くなった兵士に対する家族の思いをつづった碑文も取り付けられている。

DSC_3277

ページの先頭へ戻る