文字の大きさ
文字サイズ普通 文字サイズ中 文字サイズ大
サイト内検索
遺骨収集帰還事業

硫黄島遺骨収集派遣(第2回) 19柱を収容

2020年11月25日

お知らせ, 遺骨収集帰還事業

日本戦没者遺骨収集推進協会(JARRWC)主催による硫黄島戦没者遺骨収集派遣団(第2回派遣)が9月2日から10月7日の期間で派遣され本会からは3人が参加協力し、硫黄島の壕等で収集作業に従事し、十九柱を収容した。今回も新型コロナウイルス感染症拡大防止に伴うPCR検査を受け陰性反応者の派遣となった。

派遣団は、23日早朝航空自衛隊機で入間基地入りし、今年1月から8月派遣の継続となる島北部の天山慰霊碑の下部付近の地表面や壕、為八海岸上部の地表面や豪等、重機を使用するなどしてご遺骨や遺留品を掘削しながら作業を進め、天山付近から16柱と為八海岸付近から3柱の計19柱を収容した。

収容された19柱は硫黄島内の厚生労働省事務所棟に仮安置された。

DSCF0155

DSCF0359

DSCF0268

また、今回収容されたご遺骨は今後11月予定(第3回収集)と年明けの1月予定の(第4回収集)最終派遣時に東京・千鳥ヶ淵戦没者墓苑で遺骨引渡し式が行われ戦没者遺族多数参列のもと厚生労働省職員に引渡され同省霊安室に仮安置される。

先の大戦の激戦地として知られる小笠原諸島の硫黄島における米軍上陸時の日本軍の兵力は、小笠原集団長(栗林陸軍中将)をはじめ陸軍約1万3千5百人、海軍約7千7百人が配備していた。日本軍は、艦砲射撃や爆撃を避け、戦力を温存して長期にわたる困難な持久作戦を遂行するため、地形を利用して数百個の地下壕を構築、その延長は約18キロに達した。

昭和20年2月16日、米軍は硫黄島沖に集結した六艦隊による艦砲射撃やB‐29の大編隊による空爆を開始。その熾烈さは山容が改まるほどであった。2月19日、米軍は上陸用船艇約百三十隻で本島東南海岸に上陸を開始。小笠原集団は水際陣地部隊と砲兵火力をもって果敢な反撃を加えたが、優勢な米軍の火力に圧倒され死傷者は続出した。

3月17日決別電打電後、3月25日総攻撃、約1ヵ月間にわたる戦闘の末、日本軍約2万1千9百人が戦死、玉砕した。米軍も約6千8百人が戦死した。

硫黄島遺骨収集派遣(第1回) 11柱を収容

2020年10月08日

お知らせ, 活動状況, 遺骨収集帰還事業

日本戦没者遺骨収集推進協会(JARRWC)主催による硫黄島戦没者遺骨収集派遣団(第1回派遣)が7月29日から8月12日の期間で派遣され本会からは二人が参加協力を行い、硫黄島の壕等で収集作業に従事し、11柱を収容した。今回は新型コロナウイルス感染症拡大防止に伴うPCR検査を受け陰性反応者の派遣となった。

日本戦没者遺骨収集推進協会主催による硫黄島戦没者遺骨収集派遣団(第1回)は、新型コロナウイルス感染者が減少傾向に向かっていたため当初本会派遣者は6人を予定していた。しかしながら、感染者は7月に入り増加に転じてしまい過去最多を更新する状況となった。このため推進協会は派遣者の規模を1都3県(東京・神奈川・千葉・埼玉)に縮小し、PCR検査を受けて陰性反応者のみとした。これにより本会からの派遣者は2人となった。

派遣団は、前回1月に派遣の継続となる島北部、漂流木海岸と外周道路外側との間にある壕や、地表面を掘削しながら作業を進め、9柱を収容した。

さらに、航空基地庁舎の近傍では、地底レーダー探査で反応があった地表面を掘り下げ、メタンガスが発生する中送風管で空気を送りながら作業を行い、地表面から5メートル下の地中で2柱を収容した。

今回収容された十一柱は、硫黄島内の厚生労働省事務所棟に仮安置された。

送風管で空気を送りながら作業に従事する団員

送風管で空気を送りながら作業に従事する団員

海外での遺骨収集事業 当面の間中止

2020年08月24日

お知らせ, 遺骨収集帰還事業, 遺骨帰還事業の取組み

新型コロナウィルス感染拡大の影響により、本年度の遺骨収集事業は、ほぼすべてに地域において派遣の目途がたっていなかったが、日本戦没者遺骨収集推進協会(推進協会)は、7月21日付で、当面の間海外における遺骨収集事業を中止することを、日本遺族会を含む各社員団体に通知した。

(続きを読む..)

遺骨収集事業 硫黄島から11柱奉還

2020年03月12日

活動状況, 遺骨収集帰還事業

日本戦没者遺骨収集推進協会(JARRWC)主催による、硫黄島戦没者遺骨収集派遣団(第四回派遣)が1月29日から2月14日の期間で派遣され、本会からは6人が参加協力を行い、硫黄島の壕等で収集作業に従事した。これまでに現地で収集、仮安置されていた遺骨を含め11柱を内地に奉還し、厚生労働省へと遺骨が引き渡された。

硫黄島遺骨収集派遣団(第四回収集)は、第3回収集派遣団からの継続壕である、島北部の北観音と箱庭浜の間にある地下壕と、旧コーストガード北側付近の地下壕について作業を行った。また、島内の外周道路等に点在する部隊陣地跡を示す道標の、島北部地区にある師団総出撃壕歩一四五工兵中隊の道標と、歩一四五衛生隊壕群の道標周辺から為八海岸との間と漂流木地区の地下壕群を集中的に作業し、20メートル強に及ぶ地下壕から、万年筆等の遺留品多数と2柱を収集した。

作業では、狭い地下壕の中をスコップで掘削し、土を手箕に入れ蹲踞の姿勢になりながら、バケツリレー式で壕の外へ、さらにその土をふるいに掛け遺骨の混在を確認、派遣団総出でのまさに厳しい人海戦術の一連の作業が行われた。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

さらに、摺鉢山と南観音に近い西海岸付近では、半円柱型の鉄筋コンクリート塊のトーチカから、2柱の遺骨を収集した。

今年度の第一回派遣から、遺骨収集団が収集し安置の遺骨7柱とあわせ、計11柱の遺骨を奉持し航空自衛隊入間基地に帰還した派遣団は、基地隊員に着剣捧げ銃(ささげつつ)の儀礼上最高位の敬礼で出迎えられ、都内の仮安置室に向かった。

Exif_JPEG_PICTURE

 

14日、千鳥ヶ淵戦没者墓苑で遺骨引き渡し式が行われ、出迎えのご遺族が見守る中、派遣団から厚生労働省職員に遺骨が引き渡された。

【厚生労働省からのお知らせ】戦没者遺骨の身元特定のためのDNA鑑定の対象地域の拡大について

2020年03月06日

お知らせ, 事業の取組み, 会員のページ

 

厚生労働省は遺留品等の手掛かり資料がない戦没者遺骨の身元特定のためのDNA鑑定を試行的に実施するとのことです。具体的には、硫黄島及びキリバス共和国ギルバート諸島タラワ環礁において、令和2年度(4月)から公募により実施する予定です。

詳細については、厚生労働省のホームページを閲覧していただくか、厚生労働省社会・援護局事業課鑑定調整室へお問い合わせください。

【厚生労働省からのお知らせ】はこちらをクリック

ページの先頭へ戻る