文字の大きさ
文字サイズ普通 文字サイズ中 文字サイズ大
サイト内検索

遺留品返還 愛知県、群馬県で

2019年04月08日

日章旗等返還の取組み

本会が平成30年度より厚生労働省の委託を受け実施している「戦没者遺留品の返還に伴う調査」事業で、戦没者の遺品の返還運動を推進しているOBONソサエティから本会に照会があった日章旗について、愛知県と群馬県で遺族が判明した。

愛知県では、米ニューヨーク州在住のハリーショールさんが、元米兵の父親から譲り受け保管していたマリアナ諸島で戦死した夏目改次さんの日章旗が、愛知県遺族連合会、岡崎市遺族連合会の調査で遺族の所在が判明し、1月24日に岡崎市役所で返還式が開催された。

返還式で岡崎市の市長から改次さんの姪の和枝さんと妹のあき子さんに日章旗が引き渡され、受け取ったあき子さんは「戦争は絶対にしてはいけないと痛感している」と話した。

群馬県では、硫黄島で戦死した伊東仁さんの日章旗が群馬県遺族の会の調査により高崎市にいる遺族が判明した。日章旗は米サウスカロライナ州のローウェル・アームストングさんの祖父が保管していた。

2月14日に高崎市の護国神社で行われた返還式では、アームストロングさんが来日し、伊東さんの甥の三木玄夫さんと伊藤英夫さんに直接日章旗が引き渡された。返還式には同じく来日したOBONソサエティ代表のレックス、敬子・ジーク夫妻も出席し、水落敏栄本会会長からのお祝いのメッセージも読み上げられた。

日章旗を持つアームストロングさん(左)、三木さんと伊藤さん

日章旗を持つアームストロングさん(左)、三木さんと伊藤さん

山口県、三重県で遺留品が返還

2019年04月08日

お知らせ, 日章旗等返還の取組み

日本遺族会が平成三十年度から厚生労働省から委託を受け実施している「戦没者遺留品の返還に伴う調査」事業でOBONソサエティから本会に照会があった遺留品について、山口県と三重県の支部遺族会で調査した結果、それぞれ遺族が判明した。

山口県では、昭和20年に硫黄島で戦死した周南市出身の角戸行夫氏の遺留品を山口県遺族連盟が調査し、甥の正則さんが田布施町に在住していることが判明した。

遺留品は、ミネソタ州在住のスティーブン・ジークさんの父親(元海軍航空隊乗務員)が戦地から持ち帰ったものを譲り受け保管していたが、OBONソサエティの活動を知り遺族の捜索を依頼していた。

10月月11日、山口県護国神社で返還式があり、市來健之助本会副会長(山口県遺族連盟会長)も出席し、遺品が正則さんに返還された。返還された遺品は健康状態や性格などが記された考課表や図面の教科書、小説など七点で、市來会長は「日章旗ではなく書類が戻ってくるのは珍しい。考課表を読むと国のために尽くしたことが推し量られる」と話した。

山口県護国神社で遺留品の返還式が開催された。

山口県護国神社で遺留品の返還式が開催された。

三重県では、昭和20年にフィリピンのルソン島で戦死した三重郡川越町(旧川越村)出身の村瀬守一氏の日章旗を三重県遺族会及び三重郡遺族会で調査し、長男の守さんが川越町に住んでいることが分かった。

日章旗はワシントンDC在住のバーナード・ホーンさんが、元米兵だった父親が戦地から持ち帰ったものを譲り受け、OBONソサエティへ返還の依頼をしていた。

10月20日、川越町戦没者追悼式で返還式が行われ、佐藤孝幸・三重県遺族会理事から伊藤勝也・川越町遺族会会長を通して守さんに日章旗が手渡された。日章旗を受け取った守さんは「この旗が帰ってくるなんて思いもよらなかった。この旗を父の魂と思って大切にお守りをします」と語った。

遺留品返還事業 OBONソサエティと協議 オレゴン州を訪問

2018年10月19日

お知らせ, 日章旗等返還の取組み

日本遺族会が平成30年度から厚生労働省から委託を受け実施している「戦没者遺留品の返還に伴う調査」事業として、9月6日から10日の期間で畔上和男専務理事(他事務局一人)はアメリカのオレゴン州を訪問し、本事業の協力団体であるOBONソサエティの活動状況を確認するとともに今後の業務の進め方等について協議した。

(続きを読む..)

「戦没者遺留品の返還に伴う調査」厚労省から本会へ委託

2018年10月19日

お知らせ, 日章旗等返還の取組み

日本遺族会が要望していた、戦没者の遺留品調査の迅速化に係る経費が平成30年度政府予算に計上されたが、「平成30年度戦没者遺留品の返還に伴う調査一式」の事業が厚生労働省から本会に委託され、6月29日付けで、契約を締結した。

本事業は、厚生労働省が保管している名簿等の資料で遺留品の元の持ち主又はその遺族の所在を調べ、本会及び支部遺族会のネットワークを活用し、地域に密着した調査を実施することにより、遺留品返還業務の迅速な対応を図ることを目的としている。

本会は、OBONソサエティとの連携をさらに密にし、より多くの遺留品が遺族のもとに返還されるよう努めていく。

愛知県で日章旗返還

2018年08月07日

日章旗等返還の取組み

戦没者の遺品の返還運動を推進しているOBONソサエティから本会に照会があった、沖縄で戦死した本田萬作さんの日章旗について、愛知県遺族連合会へ遺族の捜索を依頼していたところ、本田さんが安城市出身であることが分かり、遺族の所在も判明した。

本田さんの日章旗は、マサチューセッツ州在住の米国人のウィルソンさんが元米兵の父親から譲り受け保管していたが、OBONソサエティの活動を知り、遺族への返還を希望していた。生前に父親も日章旗の返還を模索していたが叶わぬまま他界したため、今回の返還に際し、「父の長年の願いでもあった日章旗のご遺族が判明し心から嬉しく思います。本田家のご親族皆様にとって旗の返還が心の終止符となられますよう願っております。」とウィルソンさんから遺族あてにメッセージが添えられた。

5月14日、安城市役所で返還式が行われ、神谷学市長から本田さんの長男である紘さんへと日章旗が引き渡された。紘さんは、「こんなに長い時を経て帰ってくるとは思わなかった。うれしい限りです」と話した。

日章旗を神谷学・安城市長から受け取った本田紘さん(左)

日章旗を神谷学・安城市長から受け取った本田紘さん(左)

ページの先頭へ戻る