文字の大きさ
文字サイズ普通 文字サイズ中 文字サイズ大
サイト内検索

最新の記事

遺留品返還事業 OBONソサエティ活動10年目を迎える

戦没者の遺留品返還活動を行っているオレゴン州アストリアのNPO団体OBONソサエティが本年5月で活動10年目を迎えた。

OBONソサエティの代表レックス&敬子・ジーク夫妻は、平成21年にアメリカのオークションサイトで売買されていた寄せ書き日の丸等の遺留品を集め、戦没者の遺族への返還活動を開始した。戦後七十年の年には、米退役軍人とともに安部総理に直接面会し遺留品を返還しており、こうした取り組みに対し外務大臣から感謝状が授与されている。

OBONソサエティは返還を希望する退役軍人及びその家族から遺留品を引き取り、持ち主遺族等の捜索活動を続けており、本会は平成25年から同活動に協力し、既に本会を通じて二百件以上の遺留品が遺族へ返還されている。

そして平成30年度には、OBONソサエティの活動に共鳴し、本会が要望した「戦没者遺留品の返還に伴う調査事業」が政府予算に計上され、厚生労働省から本会に事業が委託された。また、本年度も本事業が本会へ委託されることが決まっている。

これまで数多くの日章旗等を遺族の元へ届けてきたOBONソサエティの活動は本事業にとって不可欠であり、本会は引き続き同団体と連携を密にして、支部遺族会の協力を得て、一つでも多くの遺留品が遺族へ返還されるよう事業を推進していく。

米国内外から届く遺留品を郵便局で受け取るジーク夫妻 =オレゴン州アストリアで

米国内外から届く遺留品を郵便局で受け取るジーク夫妻
=オレゴン州アストリアで

 

本会主催フィリピン戦跡慰霊巡拝 青年部の参加者を募集

日本遺族会主催のフィリピン戦跡慰霊巡拝について本紙5月号で告知したが、本年度は本会青年部が主体となって企画し、青年部事業の一環として実施する運びとなった。戦争の記憶を風化させないために、慰霊巡拝を体験し、遺族会後継者の育成を目的とした本事業への青年部(孫・ひ孫・甥・姪等)の参加者を募集している。

去る5月15日開催の青年部長会で、青年部事業の七つの柱の一つである「慰霊巡拝への参加」を実現させるため、本会主催のフィリピン戦跡慰霊巡拝を青年部主体で実施することが決まった。戦跡を巡り、戦没者の冥福を祈る慰霊の旅へ多くの遺族会後継者の参加が期待される。

募集要項は次のとおり。

▼実施時期 令和2年1月9日(木)から1月13日(月)の4泊5日。

▼実施地域 ルソン島マニラ及び東方山地、クラーク等。レイテ島オルモック、リモン峠、カンギポット山等の二班を予定。

▼募集人員 40人(予定)

※募集人員を上回った場合は選考となる。

▼参加資格 孫、ひ孫、甥、姪等(青年部員及び遺族会後継者)

※フィリピン地域の関係遺族以外の青年部員等の参加も可能。

▼参加費用 15万円程度

※後継者育成を目的とした事業であるため、本会から参加者に対し助成するので、参加費用は15万程度となる予定。

▼申込締切 11月15日(金)

▼申込方法 申込は在住する各都道府県遺族会の事務局へ。

第17回理事会を開催 平成30年度決算を承認

女性部結成65周年の集い開催 靖国神社で奉納式・奉告参拝

「平成」から「令和」へと改元 奉祝行事行われる

ページの先頭へ戻る