文字の大きさ
文字サイズ普通 文字サイズ中 文字サイズ大
サイト内検索

最新の記事

遺留品返還 山形県と兵庫県で

本会が厚生労働省の委託を受け実施している「戦没者遺留品の返還に伴う調査」事業で、戦没者の遺品の返還運動を推進しているOBONソサエティから本会に照会があった軍隊手帳、日章旗が、山形県と兵庫県でそれぞれ遺族に返還された。

山形県では、米国オハイオ州のジェフ・ブラウンさんが、元米兵の父が戦地から持ち帰り譲り受け保管されていた軍隊手帳が、フィリピン・ルソン島で戦死した山形県上山市出身の冨塚光雄さんのものであることが判明し、遺族の所在も特定された。

11月23日に、上山市戦没者遺族会山口武男会長、漆山房夫副会長、薄沢地区冨塚和彦会長の3人が義理の姪にあたる冨塚昭子さんの自宅を訪れ、軍隊手帳を引き渡すと、昭子さんは、涙を流して喜んでいた。

軍事手帳を受け取った富塚昭子さん=山形県

軍隊手帳を受け取った富塚昭子さん=山形県

 

兵庫県では、米国フロリダ州在住のディオン・ブレイジングさんが元米兵の叔父が戦地から持ち帰った日章旗を譲り受け保管していたが、インターネットでOBONソサエティの活動を知り、遺族への返還を希望していた。今回の調査で、日章旗はフィリピン・ルソン島で戦死した兵庫県姫路市出身の山口則敦さんのものであることが判明し、兵庫県遺族会姫路支部が捜索し、長女の小石則子さんが宝塚市に在住していることが分かり、返還に至った。

日章旗を受け取った小石則子さん=兵庫県

日章旗を受け取った小石則子さん=兵庫県

 

則子さんは、ブレイジングさんへ宛てたお礼の手紙の中で、「懐かしさのあまり久しぶりに父の頬擦りを受ける思いで、しっかり胸に抱きしめて眠りにつきました」と日章旗が届いた日のことを伝え、「一人でも多くのご家族に私のような喜びと安らぎの日が訪れることを願っています」と綴っていた。

ハワイ(DPAA)遺骨受領派遣拝礼式 ギルバート諸島タラワで収容された2柱が帰還

11月30日、午前10時30分、厚生労働省で「ハワイ(DPAA)遺骨受領派遣遺骨拝礼」が行われた。拝礼式には、日本遺族会を代表して水落敏栄会長が参列し、帰還した戦没者のご遺骨2柱に対し拝礼し、献花した。

 

水落会長①

献花する水落会長

献花する水落会長

 

今回帰還した遺骨は、キリバス共和国(ギルバート諸島)のタラワ環礁で収容され、米国DPAA(米国国防総省捕虜・行方不明者調査局)で管理されていた。その後、日本及び韓国に対して検体が提供され、日米韓の専門機関が身元特定のためのDNA分析等を行っていたところ、日本人遺族との間に血縁関係があるとの結果が得られたため、ハワイにあるDPAAの施設で保管されていた遺骨を送還した。

なお、2柱のご遺骨は、今後遺族へ引き渡される予定である。

硫黄島遺骨収集派遣(第3回) 16柱を収容

岡山県で青年部結成 全国組織は37支部に

令和2年度厚生労働大臣表彰 援護事業功労者107人が受賞

ページの先頭へ戻る