文字の大きさ
文字サイズ普通 文字サイズ中 文字サイズ大
サイト内検索

最新の記事

戦没者遺留品の返還 青森県、岩手県、愛知県、島根県で

本会が厚生労働省の委託を受け実施している「戦没者遺留品の返還に伴う調査」事業で、戦没者の遺品の返還運動を推進しているOBONソサエティから本会に照会があった日章旗が、青森県、岩手県、愛知県、島根県でそれぞれ遺族に返還された。

 

青森県では、米国ロードアイランド州の元陸軍兵士が持ち帰った日章旗が、五戸町出身フィリピン・ミンダナオ島で戦死した、久保田松三郎さんのものと分かり、青森県遺族連合会の調査で遺族が判明した。7月22日、五戸町役場で、久保田さんの甥にあたる久保田松雄さんに若宮佳一町長から日章旗が引き渡された。松雄さんは「七十五年もたって、こんなきれいな状態で届けられるとは驚いた」と感慨深げに話した。

 

岩手県では、米国ミシガン州の元米兵が戦地から持ち帰り、近隣住民が譲り受けて保管していた日章旗が、陸前高田市出身の神原寅雄さんの長女の津恵子さんに返還された。唯一の形見だった寅雄さんの写真を火災で焼失し、東日本大震災の津波でも自宅を被災するなど苦難の人生を歩んできた津恵子さんは、「うれしいような悲しいような複雑な気持ち。心の中で続いてきた戦争は、これで一つの区切りになると思う」と帰って来た日章旗を手にし、涙ぐんだ。

 

陸前高田市遺族会高田支部の皆さんへ日章旗を披露する津恵子さん(右端)

陸前高田市遺族会高田支部の皆さんへ日章旗を披露する津恵子さん(右端)

 

愛知県では、愛知県犬山市出身で、フィリピン・レイテ島で戦死した和泉則男さんの日章旗が判明し、則男さんの兄の孫にあたる敬也さんに、八月四日、犬山市役所で山田拓郎市長が立ち合い、県連合会の柴田義継会長、市遺族連合会の小嶋毅会長から敬也さんに返還された。敬也さんの母芳子さんは「すごくありがたい。舅からはすごく頭のいい秀才だったと聞いていた」と感慨深げに語った。

8月4日、犬山市役所での返還式

8月4日、犬山市役所での返還式

 

島根県では、フィリピン・ルソン島で戦死した松江市乃白町出身の細田仙次郎さんのアルバムが、7月15日、島根県松江合同庁舎で行われた伝達式で、仙次郎さんの長男の善男さんに引き渡された。伝達式には、遺族五人が出席し、善男さんは「おふくろも話してくれなかったので、おやじの思い出はほとんど分からない」としながらも、写真1枚1枚に見入りながら、朝晩に拝んでいる仙次郎さんの仏壇に「返ってきたよと言いたい」と笑顔で話した。

硫黄島遺骨収集派遣(第1回) 11柱を収容

日本戦没者遺骨収集推進協会(JARRWC)主催による硫黄島戦没者遺骨収集派遣団(第1回派遣)が7月29日から8月12日の期間で派遣され本会からは二人が参加協力を行い、硫黄島の壕等で収集作業に従事し、11柱を収容した。今回は新型コロナウイルス感染症拡大防止に伴うPCR検査を受け陰性反応者の派遣となった。

日本戦没者遺骨収集推進協会主催による硫黄島戦没者遺骨収集派遣団(第1回)は、新型コロナウイルス感染者が減少傾向に向かっていたため当初本会派遣者は6人を予定していた。しかしながら、感染者は7月に入り増加に転じてしまい過去最多を更新する状況となった。このため推進協会は派遣者の規模を1都3県(東京・神奈川・千葉・埼玉)に縮小し、PCR検査を受けて陰性反応者のみとした。これにより本会からの派遣者は2人となった。

派遣団は、前回1月に派遣の継続となる島北部、漂流木海岸と外周道路外側との間にある壕や、地表面を掘削しながら作業を進め、9柱を収容した。

さらに、航空基地庁舎の近傍では、地底レーダー探査で反応があった地表面を掘り下げ、メタンガスが発生する中送風管で空気を送りながら作業を行い、地表面から5メートル下の地中で2柱を収容した。

今回収容された十一柱は、硫黄島内の厚生労働省事務所棟に仮安置された。

送風管で空気を送りながら作業に従事する団員

送風管で空気を送りながら作業に従事する団員

「日本遺族会事務局Facebook」を開設

海外での遺骨収集事業 当面の間中止

戦没者の遺留品返還 3県で日章旗を返還

ページの先頭へ戻る