慰霊碑を訪ねる

ボルネオ戦没者の碑

建立: 昭和57(1982)年9月
場所: マレーシア サバ州 ラブアン市
設計: 菊竹清訓
先の大戦においてマレーシア、ボルネオ地域および周辺海域において戦没された約12,000名の人々慰霊碑として、マレーシア政府及びサバ州政府の協力を得て建立された。
並行して建設された「ラブアン平和公園」の敷地内にあり、両者が一体となり慰霊公園になっている。
半円形のアーチ状に造られた慰霊碑の裏側は、現地住民の方々に野外ステージとして利用されている。
碑文には「さきの大戦においてボルネオ地域及びその周辺海域で戦没した人々をしのび平和への思いをこめてこの碑を建立する」と刻まれている。

東太平洋戦没者の碑

建立: 昭和59(1984)年3月
場所: マーシャル諸島共和国 マジュロ島
設計: 菊竹清訓
「東太平洋戦没者の碑」は、昭和49年に建立した「中部太平洋戦没者の碑」がマリアナ諸島トラック諸島等の中部太平洋を対象地域としていたことから、これとは別に太平洋の東のマーシャル諸島及びギルバート諸島とその周辺海域において戦没したすべての方々のためにマーシャル諸島共和国政府の協力により建立された。
慰霊碑はマジュロ島中央の海岸沿いに位置し、木々に囲まれた静かな環境の中にあり、周囲は「マジュロ平和公園」と称される公園として整備されている。
碑の中心軸は日本の方角を向いており、日本の方向(海側)に円形の広場、後方(道路側)にバンク、駐車場及び国旗掲揚塔等が設けられている。
碑文は「さきの大戦において東太平洋の諸島及び海域で戦没した人々をしのび平和への思いをこめてこの碑を建立する」と刻まれている。

硫黄島戦没者の碑

建立: 昭和46(1971)年3月
場所: 小笠原諸島・硫黄島天山
設計: 工学博士 谷口吉郎
東京とグアム島のほぼ中間、都心から南へ約1,250キロの硫黄島で、昭和20年3月、戦死・玉砕した21,900人の将兵を追悼する慰霊碑。
石碑は納骨箱をかたどったもので、その台座底部には遺品の飯ごう、水筒などをステンレス製ケースに入れ、地中に収められている。
また、石碑上部を覆う長方形の上屋には天窓が設けられているが、
これは、暗い地下壕の中で日光にあこがれ、飲料水として天水を求めた兵士の心境を暗示したものとされる。
碑には、「さきの大戦において硫黄島で戦没した2万余の将兵をしのび、その霊を慰めるため国民の追悼の思いをこめて、この碑を建立する」と刻まれている。
国内では、東京都八王子市の高尾山薬王院に「硫黄島戦没者慰霊碑」が建てられ、副碑の「永代供養」の文字は、厚生大臣当時の小泉首相が揮毫した。

比島戦没者の碑

建立: 昭和48年(1973)3月
場所: フィリピン ルソン島 カリラヤ
設計: 工学博士 谷口吉郎
日本政府によって建てられた海外慰霊碑としては最初のもので、首都マニラの南東、約110キロにあるカリラヤの日本庭園内に建つ「比島戦没者の碑」。
フィリピンで戦没した約50万人の日本人を追悼する慰霊碑である。
慰霊碑は、遺骨箱を型どった石碑を重量感のある台石の上に安置し、後方に障壁が設けられている。
碑には「比島戦没者の碑」と刻まれている。
この慰霊碑を中心として、日本的雰囲気のあふれる庭園が整備されている。

中部太平洋戦没者の碑

建立: 昭和49(1974)年3月
場所: マリアナ諸島サイパン島マッピ
設計: 工学博士 谷口吉郎
わが国と米国自治領北マリアナ諸島政府が合同で建てた。
サイパン、テニアン、グアムなどで命を落とした兵士や民間人を国籍を問わずに追悼する慰霊碑である。納骨箱をかたどった石碑の台座の下には、飯ごうなどの遺品をステンレス製の箱に入れ、収められている。
碑には、「さきの大戦において中部太平洋の諸島及び海域で戦没した人々をしのび平和への思いをこめてこの碑を建立」と刻まれてる。なお、石碑後方の屏風形の後壁と敷地内の造園は、(社)南太平洋友好協会の寄付により整備された。
サイパン島は敗戦までの30年間、日本が統治しており、大戦当時は沖縄県から約2万人が移住していた。戦争犠牲者は、旧日本軍43,000人、民間人12,000人とされ、「もう一つの沖縄戦」といわれている。

南太平洋戦没者の碑

建立: 昭和55(1980)年9月
場所: パプアニューギニア・ビスマルク諸島・ニューブリテン島
設計: 菊竹清訓
南太平洋戦没者の碑
パプアニューギニア・ビスマルク諸島、ニューブリテン島に位置し、ラバウル市街を見下ろす小高い山の中腹に建つ「南太平洋戦没者の碑」。
ラバウルのみならず、20万人の南東方面の全戦没者に捧げられた慰霊碑であり、1980年に戦没の霊を弔い、悲劇を繰り返さないことを念じて、日本政府や戦友会が地元の人達との協力によって建立された。
碑という名前が付いているが、建物に近い構築物である。上屋天井面には、南太平洋の地図が描かれている。地図のラバウルの地点には丸い穴が開けられており、この穴は「大地に眠る死者とそこを訪れる生者との邂逅の場」意味している。上屋の方向は、はるか日本の方向を望んでいる。
碑文には、「さきの大戦において 南太平洋の諸島及び海域で 戦没した人々をしのび 平和への思いをこめて この碑を建立する」とある。

ニューギニア戦没者の碑

建立: 昭和56(1981)年9月
場所: パプアニューギニア・ウエワク半島台上
設計: 菊竹清訓
ニューギニア戦没者の碑
パプアニューギニア・ウエワク半島台上に建立された「ニューギニア戦没者の碑」。
祖国存亡の危機に身を挺し、遥か南瞑ニューギニアの戦場で悲運にも戦没された全霊の拠り所として、慰霊の至誠をこめられた墓苑で、ニューギニア派遣軍の全戦没者を慰霊顕彰、追悼するために、ニューギニア政府の協力を得て、厚生省とこれを支援した東部ニューギニア戦友会、日パ友好協会によって昭和56年に建立された。
戦没者の碑には、「さきの対戦において ニューギニア地域及びその周辺海域で 戦没した人々をしのび 平和への思いをこめて この人々建立する」の文字が記されている。

ビルマ平和記念碑

建立: 昭和56(1981)年3月
平成10年(1998)3月(チャンドゥ日本人墓地からイエウエイ日本人墓地内に移転)
場所: ミャンマー・ヤンゴン
設計: ラングーン開発委員会
(協力 菊竹 清訓)
ビルマ平和記念碑
先の大戦で、19万人に及ぶ日本人が命を落としたミャンマー。 首都ヤンゴンから30分の距離にある北オカラッパ日本人墓地の中央に「ビルマ平和記念碑」は建立されている。 「ビルマ平和記念碑」は、大理石の堅固なもので、チャンドゥ墓地にあったものよりひとまわり大きく、新たにミャンマー政府により建てられた。 碑には、「さきの大戦においてビルマ方面で戦没した人々をしのび平和への思いをこめるとともに日本ビルマ両国民の友好の象徴としてこの碑を建立する」と記されている。 日本人墓地は、3,500坪に及ぶ広大な面積を有し、あちらこちらに「英霊の墓」や「無縁仏」、「家族が建てた碑」が建立されている。

日本人死亡者慰霊碑

建立: 平成7(1995)年7月
場所: ロシア連邦・ハバロフスク市
設計: 菊竹清訓
終戦後、旧ソビエト連邦のシベリア等で抑留中に亡くなられた約6万人の人々の慰霊と恒久平和への思いを込めて建立。
最大直径20mの円形の基壇の上に建てられた幅10m、高さ5mのレンガ造の碑は、アーチ状の入り口を入ると円筒状の中庭になっている。
碑文は「さきの大戦の後1945年から1956年までの間に祖国への帰還を希みながらこの大地で亡くなられた日本人の方々を偲び平和への思いをこめてこの碑を建設する」と刻まれている。
また、慰霊碑に併設して財団法人太平洋戦争戦没者慰霊協会により平和慰霊公苑が整備され、憩いの場となっている。

樺太・千島戦没者慰霊碑

建立: 平成8(1996)年11月
場所: ロシア連邦・サハリン州樺太(スミルヌイフ地区)
設計: 菊竹清訓
先の大戦において樺太及び千島地域並びにその周辺海域で戦没された日露両国のすべての人々を偲び、平和への思いをこめ、かつ、日本とロシアの両国民の友好と親善を深めるために建立される。
桟橋状の参道から導かれる慰霊碑は舟をイメージした形状になっており、その周りは豊かな緑で囲まれている。
碑文は「さきの大戦において樺太及び千島地域並びにその周辺海域で犠牲となった全ての人々を偲び平和への思いをこめてこの碑を建立する」と刻まれている。

日本人死亡者慰霊碑

建立: 平成13(2001)年10 月
場所: モンゴル・ウランバートル市
設計: 横河建築設計事務所
終戦後、モンゴルに抑留され亡くなった約1,700名の人々の慰霊碑として、最も多い人数が埋葬されていたウランバートル市近郊のダンバダルジャ墓地の跡地に建立。
小高い丘の上に位置し、ウランバートル市街に向かい景色を一望できる。
祈りの広場の形状は「日本」を象徴する円形状で、広場の中央には収容所跡地を示したモンゴルの地図が刻まれており、モンゴル国内で亡くなられた全ての抑留中死亡者への慰霊の意志を表している。
碑には「さきの大戦の後1945年から1947年までの間に祖国への帰還を希みながらこの大地で亡くなられた日本人の方々を偲び平和への思いをこめてこの碑を建設する」と刻まれている。

国立沖縄戦没者墓苑

建立: 昭和54(1979)年2月
場所: 沖縄県糸満市摩文仁の平和祈念公園内
設計: 工学博士 谷口吉郎
沖縄県内で判明している471基(01年8月、県福祉・援護課調べ)の慰霊碑のなかで、唯一、日本政府の建てた納骨慰霊施設。
国の礎となった人たちを温かく抱擁していることを表現した納骨所は、片かなの「コ」の字形につくられている。
20万人超といわれる、県民を含む沖縄戦犠牲者のうち、18万人余の遺骨が琉球墳墓風の納骨堂に納められている。
この墓苑近くには、都道府県や団体の慰霊碑、慰霊塔が数多く建てられている。