文字の大きさ
文字サイズ普通 文字サイズ中 文字サイズ大
サイト内検索

トップ » 最新の記事 » 平成30年度政府予算 本会要望概ね達成

平成30年度政府予算 本会要望概ね達成

2018年03月09日

お知らせ, 事業の取組み, 会員のページ

 平成30年度政府予算案は、12月22日午前の閣議で決定した。本会関係では公務扶助料、遺族年金等の据え置きをはじめ、遺骨収集事業関係費、戦没者遺児による慰霊友好親善事業の実施等その他の処遇改善項目に係る予算も概ね概算要求通りに計上された。また新たに、遺留品調査の迅速化に係る経費が新規に認められた。

平成30年度政府予算における戦没者遺族処遇改善項目は次のとおり

一.遺族年金等 公務扶助料等年額一覧表はこちら

二.遺骨収集事業等の推進 23億8千万円

(1)硫黄島遺骨収集事業 13億7千200万円

(2)南方・旧ソ連地域遺骨収集事業 7億1千900万円

(現地調査、遺骨収集、法人運営費を含む)                               

【遺骨収集実施地域・19地域】フィリピン、東部ニューギニア、ビスマーク・ソロモン諸島、インドネシア、パラオ諸島、マリアナ諸島、トラック諸島、マーシャル諸島、ギルバート諸島、ミャンマー、インド、樺太、沖縄、硫黄島、ハバロフスク地方、沿海地方、クラスノヤルスク地方、ザバイカル地方、ブリヤート共和国

(3)海外公文書館の資料収集 6千300万円

(4)遺骨鑑定体制の強化 1億9,300万円

(5)遺骨・遺留品伝達 3千300万円

三.戦没者慰霊事業等 5億7,200万円

(1)全国戦没者追悼式経費 1億5千100万円(1県あたり国費参列者55人の2千585人、うち、少なくとも一人は18歳未満の遺族)

(2)慰霊巡拝等 4億2,100万円

 ①慰霊巡拝 8千700万円

 【実施地域・12地域】フィリピン、東部ニューギニア、ビスマーク・ソロモン諸島、パラオ諸島、北ボルネオ、

  ミャンマー、中国、硫黄島、ハバロフスク地方、沿海地方、イルクーツク州、アルタイ地方・ケメロボ州・ノボシビルスク州

 ②政府建立慰霊碑の補修等 5千400万円

  補修調査・インド、補修工事・ボルネオ 

 ③海外・国内民間慰霊碑の管理 2,200万円

 ④慰霊友好親善事業 2億5千900万円

 【広域地域・14地域792人】【特定地域・3地域108人】

四.昭和館事業                     

4億6,700万円

昭和館の運営に係る経費 

五.遺族相談員の謝金

 一人年額・2万6千円

          

                                     

ページの先頭へ戻る