文字の大きさ
文字サイズ普通 文字サイズ中 文字サイズ大
サイト内検索

トップ » 最新の記事 » 日章旗引き渡し 水落会長をOBONソサエティ代表が訪問

日章旗引き渡し 水落会長をOBONソサエティ代表が訪問

2018年03月08日

日章旗等返還の取組み

 戦没者の遺品の返還活動を続ける米国の非営利団体「OBONソサエティ」の代表であるレックス、敬子ジーク夫妻が、1月23日、参議院議員会館に水落敏栄本会会長を訪れ、活動状況を報告し、今後の遺品返還事業の取り組み方等について協議した。また、米国から持参した遺族が判明している日章旗等の遺品が水落会長に引き渡された。

 1月23日、参議院議員会館の水落会長(参議院議員)をOBONソサエティ代表とそのサポーターが訪問した。代表のジーク氏は、平成27年に安倍首相に日章旗を返還するために来日した際に、水落会長とも面会し日本遺族会の事業への協力を相談して以来、遺品の遺族の身元判明件数が加速しており、「日本遺族会と各支部遺族会の皆様の協力のおかげで毎月四件から五件のご遺族が判明している。」と感謝の弁を述べた。

 OBONソサエティの活動状況を聞いた水落会長は、「遺族の皆さんも活動に大変感謝しています。遺骨も遺品も帰ってきていない遺族にとって、日章旗のような遺品が戻ってくることは、まさに家族が帰ってきたようで、かけがえのないものだと思います。」と話した。また、遺族が高齢化しているので、遺品の返還を加速させなければならない。そのために、日本遺族会は政府に対し新たな事業として予算要求をし、計上されたことを伝えた。

 今後、国会で審議され予算が決定すれば、遺品身元調査としての事業は迅速化し、OBONソサエティの活動がメディアの報道、インターネット等で広く注目されることにより、日章旗等の持ち主遺族捜索の依頼数も増え、各都道府県遺族会支部の協力で遺族の判明がますます進むことが見込まれ、より多くの遺族へ遺品が返還されることが期待される。

 面談後、ジーク夫妻が来日に合わせ持参した、遺族が判明している日章旗12枚と遺留品の葉書 が水落会長へと引き渡された。これらの遺品は遺族または所定の遺族会へと届けられており、本会を通して返還された遺品は76件となった。

レックス、敬子ジーク夫妻から水落会長へ 日章旗が引き渡された

レックス、敬子ジーク夫妻から水落会長へ
日章旗が引き渡された

 

 

 

ページの先頭へ戻る